09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

額縁制作

2014/12/17










こんばんは

最近、苦手だったうどんを克服し

夕飯のうどん出現率が増加中のaokaスタッフ、チャンコです。




<↑クリックして頂くと詳細が見られます



みなさま如何お過ごしでしょうか?








さて、今日はですね


以前、急に思い立って作ってみた額縁制作の模様をお伝えしようかと思います。






とはいえ、使いたい粘土が無かったのに勢いだけで作り始めてしまったので、案の定途中でフリーズ状態です、笑。





けれど


粘土が違うだけで、途中までの工程にそんなに違いはないと思いますので興味のある方は見てみてください。

自分が思うままに作ったので適当さもプンプンしてますが・・




ではさっそく始めたいと思います。



まずは額縁のデザインを決め、描いていきます。


IMAG0174.jpg


手直しして、画像が見やすいようにペンでなぞってみたらこのようになりました。
IMAG0175.jpg


毒々しい!笑。しかもなぞり方雑だし

最初はもっとシンプルなデザインにすればよかったかなと少し後悔しております。




ちなみに、この手のシンメトリーデザインを描く場合、
わたしにとってトレーシングペーパー(略してトレペ)は必需品です。



トレペに元絵をうつしてから反転させれば反対側にもばっちり転写出来ます。


イラストが苦手な自分にとっては本当にトレペ様様です。





++++++++++++++++++




そして続きですが。


わたしはさらに、土台の部分のデザインだけを描きだしました。



IMAG0176.jpg


このようなかんじです。







そしていよいよ粘土工作に入っていくわけですが。


型を取りたい場合は油粘土がいいと思います。




(油粘土は他にもいろいろありますので検索をおすすめします)


※ちなみに油粘土は石粉粘土と違って固まりません!
なので細かい部分まで綺麗にスパチュラなどで仕上げる場合は

(お好みでですが)硬めの物を使うといいかと思います。


わたしは油粘土が無かったので、
とりあえず土台の型はあきらめて石粉粘土で作ってみました。





使ったのはこれです。

Mr.クレイ(軽量石粉粘土)/300g【品番:VM...

Mr.クレイ(軽量石粉粘土)/300g【品番:VM...
価格:486円(税込、送料別)







こちらの粘土を土台の絵に合わせて盛っていき、

ある程度形を整えたら乾燥(2~3日程度)させます。

表が乾いてきたらひっくり返して裏もしっかり乾燥させます。




粘土が乾いたら成形です。


※ここから先は粉がたくさん出ますので、マスクや新聞紙があったほうがいいです。




折れないように、持ち方や負荷のかけ方に気を付けながら


納得いくまで

ヤスリや紙ヤスリで削り、
足りないところには粘土を盛ったり乾かしたりを繰り返していきます。




高さにも気を付けて、全体のバランスを整えていきます。






削りすぎると後が面倒なので、


理想のかたちに近づいてきたら紙ヤスリで慎重に馴らしていったほうがいいかもです。






そうして完成した土台の部分がこちらです。



IMAG0279.jpg





ちょっと雑ですが、まあ出来ました。




この石粉粘土の難点としては、
乾燥させているときに油断すると反り返ってしまうところです。


わたしは反り返りに気づいたときに向きを変えたせいか
なんとか元に戻りましたが、ちょっとそこが心配な点だなと思いました。


あと、乾燥に時間がかかりました。

ちょっとじれったいです。






削ることに関しては特に問題はありませんでした。
デザインが細かすぎると難しいかもしれませんが、上のように土台の部分程度ならまったく問題なしです。


もちろんそのためにはある程度の厚さも必要で、
扱い方には注意しないとうっかり折ってしまうこともあり得ます。








・・・というわけで今回ご紹介する作業はここまでになります。(ここまでしか出来ていないので笑。)


作業中の写真を撮っていなかったため画像が少なくて申し訳ありません;




ちなみに、先ほども申し上げた通り型をつくることを考えるなら油粘土のほうがおすすめだと思います。

((石粉粘土でも離脱剤を塗れば型取りできるのでしょうか?))

☝ここが不明なのでなんとも言えないのです




ご自分にあったやり方で試行錯誤してやっていくのが一番かも知れません。






とりあえずこれからの作業としては




1.装飾部分の粘土工作をする(左右2つ)これは型を取るため油粘土でやります。

2.石膏で1の型どり

3.石膏型に石粉粘土を入れて装飾の複製

4.石粉粘土で作った土台に3の複製を接着

5.仕上げ(磨き・色塗りなど)


以上の5点を予定しています。(ざっくりですが!)




早めにやりたいな~とは思いますが今はまだ日程が未定なので、
こちらのブログでまた確認等して頂ければ幸いでございます。


次回アップするときにはもっと写真を撮るように気をつけますので

どうぞよろしくお願い致しますm(__)m



それでは今回はこの辺で・・・




心の励みになります。いつもご協力感謝致しますm(_ _)m*

⇒⇒⇒




アクセサリーはこちらで販売中です↓↓


aoka

iichi















スポンサーサイト
18:27 アクセサリー制作 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 年賀状作成 | HOME | 忘年会 »