09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

BOXリースの作り方第2弾

2014/12/19













こんにちは

どうもaokaスタッフ、チャンコです。


みなさま如何お過ごしでしょうか?






今日は、以前ご紹介したBOXリース第2弾を作りましたので、
そちらの模様をご紹介したいと思います。(※今回は画像が多いので結構長めです)



材料は以前とほぼ同じですが、今回はBOXにセリアの木箱を採用しました*(100均万歳!)

それから今回の花材ですが
『ドライは少量のカスミソウのみ』で残りのすべてがフェイクになります。
前回はドライとフェイクの半々でした。)



さあ、そんなわけで


ほとんどがフェイクの花材たちを
如何に雰囲気よく仕上げるか!


というのが今回の課題となったわけですが

どうなるでしょうか。。。






それではさっそく始めたいと思います。





                                                    





まずはこの箱ですが、先述の通りセリアの木箱です。

このタイプにはもともと金具がついているので、
それをそのまま利用してもいいのですが

やはり壁に掛けたときに金具や画鋲が見えるとなんとなく野暮ったいので


今回も箱の裏に穴をあけてワイヤーを通すことにしました。



①まずは箱の裏(上の部分)2か所に印をつけ
②ドリルで穴を空け(穴が空けばドリルでなくてもなんでも構いません。) 
③ワイヤーを通します。
④少し見にくいですが、内側はワイヤーが外れないように適当にねじってあります。

_MG_3907~3915



※④のねじり目がBOXリースの重さにより外れてしまわないか心配な方は
↓のようにワイヤーのねじり目にグル―ガンをつけておくと安心です。
(わたしは心配性なのでつけます笑。)
 

 
_MG_3911.jpg

_MG_3915.jpg








_MG_3921.jpg


そうしましたら
次はオアシスの出番です。

わたしはダイソーの園芸用スポンジにお世話になりました。

_MG_3922.jpg


中身はこんなかんじです。



このオアシスをBOXの大きさに合わせてカッターで切っていきます。


さくさくと、簡単に切れます。(粉屑もよく出ます。)






このようなかんじです。

_MG_3923.jpg


オアシスはぴったりはまるのが望ましいですが、
まあこの辺は高さがあっていれば多少隙間があってもそんなに問題はありません。



大体ぴったりと埋めることが出来たら
オアシスを一旦取り出してBOX内全体にボンドをつけます。(かなり適当ですね笑。)

_MG_3919.jpg



そして再びオアシスを入れ、接着します。


_MG_3924.jpg





次は、ボンドを塗り、紙パッキンで縁取りしていきます。(あとで調節するので最初は少な目
で大丈夫です。あまり多くつけすぎるとこれからの作業がしづらいので注意してください!)



_MG_3925.jpg


こんな調子で4辺すべてに紙パッキンを少量ずつつけていきます。




そして縁取りが終わったらいよいよ花材の出番です。





_MG_3926.jpg



ボンドを茎に塗って、お好みの場所にお好みの花材をバランスよく挿していきます。


挿す位置を間違えてしまってもある程度はやり直しがきくので安心してください。


※ただ、いっぺんにたくさんの花材を挿してしまうと
大きな穴が空いてしまってやり直しが厳しくなるので注意してください。


挿しにくいところや、柔らかくて挿せないものにはグルーガンを使用すると便利です。



※挿し方ですが、

高さを揃えると綺麗にみえます。

もしくは中央に向かって高くなると綺麗です。






とにかく、全体のバランスをみながら根気よく挿していくことが大事です






全体を挿し終えたら、隙間から下のオアシスが見えていないかチェックします。


特に、縁取りしたBOXの際にあたる部分は横からオアシスが見えやすいので、
気になるようでしたら少しずつ紙パッキンや花材を足しながら調節してください。


お好みで、リボンや飾りなどを加えると華やかさに拍車がかかります。




最後に全体のバランスをチェックして、
特に気になるところがなければ無事完成です!

※念のためボンドを乾燥させる時間を置いてから壁に飾ります。





そして完成したのがこちら。

_MG_3935.jpg


わたしは今回は、自分で制作した石粉粘土の白バラを一緒に挿してみました。

表面にラメやパールを貼りつけてから樹脂コーティングをしてあるので
艶が出ていて、なかなかいい仕事してくれてます





そして実は今回はこれ以外にも2つ、
同じサイズのBOXリースを作ってみたのでご紹介したいと思います。



こちらです。



_MG_3934.jpg


_MG_3933.jpg



・・・・我が家の照明の都合上、セピアっぽい画像になってしまいましたがm(__)m




並べるとこんなかんじです。




_MG_3928.jpg





如何でしょうか?


あれ?配置的に1個足りない???とお思いですよね?



そうです、右下です。



この空白部分には自作の額縁を飾りたいと思っています。


まだ相変わらず作業はフリーズ状態ですが笑。






とにかく完成しましたらそれも含めてまたアップしますので、
今回はこんなかんじで失礼致します(+_+;



・・・ちなみに

今回はなぜほとんどの花材がフェイクなのかというと、


人の目から少し距離のある部分に飾る予定で制作したからです笑。


そんなわけで
実際のところ
うまく出来るか やや心配でしたが、

意外にもまあまあな出来だったのでよかったです。

ほっとしました。




とはいえ今回ご紹介したBOXリースの作り方は、
あくまでわたし個人の作り方ですので、ご参考までに留めて頂ければ幸いでございます。

ご制作につきましては自己責任でよろしくお願い致しますm(__)m


けれど、もしご不明点等ございましたらお気軽にご質問ください*
わかる範囲でご返答させて頂きます。



また、BOXリースの作り方は一応こちらにもまとめてございますので、ご参考になさってください。




それでは長くなってしまいましたが今回はこの辺で・・・




心の励みになります。いつもご協力感謝致しますm(_ _)m*

⇒⇒⇒





アクセサリーはこちらで販売中です↓↓


aoka

iichi






スポンサーサイト
18:24 制作その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。