07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

プレゼント用 BOXリース(箱庭フラワーリース)

2014/11/28


こんばんは

aokaのスタッフ、チャンコです。

もうすっかり秋めいて紅葉も美しく、しかしそれと同時に寒くなって参りましたね。




寒いと(特に雨だと)外に出るのも億劫になりがちですが、

それならせめて室内で楽しみをみつけたいものですね。





というわけで、今日は以前プレゼント用に制作したBOXリース(箱庭フラワーリース)について書こうと思います。

寒い冬でもお部屋をやさしく彩ってくれること間違いなしのアイテムですよ*





実はこれ、すべてドライフラワーで作る予定だったのですが、
これを作ろうと思い立った日に花材屋さんがちょうどお休みで( ;∀;)



仕方なしに別の物を買いに行った先で運良くドライの花束とフェイクフラワーが売っているのをみつけたので、購入してみました。



CameraZOOM-20140506210001934.jpg



どうですか?手前がフェイク、奥の花束がドライです。


最近のフェイクってなかなか精巧ですよね。


初めて購入しましたが、これから大いなる味方になってくれそうです。
ただし、その分、お値段も馬鹿にできません、汗。


いえ、またはわたしが目を光らせてあれもこれもと買いすぎているのでしょう。

1つ1つは安価でも、やはり数が増えたら油断なりません。


衝動買い・・・いけないいけないと思いながらも、

でも
その時にピンときた気持ちは大切にしていきたいです。






ところで

フェイクの良いところは何といっても劣化しないことですね~


ドライは保管の仕方によって、劣化の度合いも異なりますが、

フェイクにはない繊細さと、時を経て色あせていく変化をも楽しめるところが好きです。



そして

この2種類のフラワーを使って作ったBOXリースがこちらです。(2つ作りました)

CameraZOOM-20140507093512236.jpg







如何でしょうか?画像が粗くてすみません汗。


フェイクを使うのは今回が初めてでしたが、

いくら精巧とは言えすべてフェイクだとなんとなく野暮ったく見えてしまうようなリースも、

ところどころに本物のドライを挿し込むことによって、

ナチュラルで可憐な雰囲気をアップさせることが出来たように思います。



作る人によってがらっと違う表情を見せてくれるこのBOXリース。

季節を問わず、室内でお気軽に花飾りをたのしめて、プレゼントとしても最適ではないでしょうか。





というわけで次回はこのBOXリースの簡単な作り方のご説明をしていきたいと思います。


お楽しみに~*





アクセサリーはこちらで販売中です↓↓


aoka

iichi










スポンサーサイト
18:47 制作その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示