09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

帰省

2014/12/29










こんばんは

昨日から実家に帰省中のaokaスタッフ、チャンコです。



みなさま如何お過ごしでしょうか?


正確には実家ではなく、両親だけで住んでいる西伊豆のほうへ来ております。




うちは3人兄妹で、いまは長男の兄夫婦がもともとの実家にいますので、30日以降はそちらへ移動し、みんなで年末年始を過ごす予定です。(ちなみに次男の兄は神奈川のうちの近くに住んでいるのですが、仕事の都合で31日に合流となります。)


家族が全員揃う機会はなかなか無いので、これも年末年始の1つの喜びです。






・・・しかしながら今日は特にすることがなく。




いつもなら
こちらへ来ると何か手の込んだ料理など、

旦那T君と共に作ったりするのですが。。。




今回は特に何も決めていなかったので

なんとな~くお正月モードで、
だらだらと過ごしておりました。( ̄▽ ̄;







ちなみに
ここは山奥で、景色と自然だけが取り柄の

何もないところなのですが。




晴れの日には、ちょっと近くを散歩をするだけで
一気に山の生気を吸い込めるような


わたしにとっての癒しスポットでもあります。






そんな環境の中で
以前、

家の前になっていていた(おそらく)ハゼの実でリースを作ったのですが、




やっぱりナチュラルっていいですね。






普段コテコテのアクセサリーばかり作っていると

こういう自然のものに触れたときに、

ふと我に返ることがあります。





もちろんアクセサリー制作においては、

そのとき自分が最良だと思った物を作れるようにと心がけていますし、



デザイン自体も
自分の裁量で決められるのですが





そんな自分の中で、

たまに、足すことばかりに囚われて

デザインの方向を見失ってしまうことがあるのも事実です。





たとえばそんなときに
さり気ない引き算を教えてくれるのが自然であり、




乱れた心に区切りをつけて、

違う角度から物事を考えられるように

後押しをしてくれるのもまた 自然の素晴らしさなのかなと感じます。









けれど、

ほとんどのものには二面性があるので




昨日は穏やかだった青空が、

今日には怒号の雨となるように




対峙した時にうまく切り抜けられないことなどが

どうしてもあるのだと思います。




そして
きっとわたしたちは


毎日のように訪れる

それらの出来事との出会いや別れ、

そしてテンションの昇降を繰り返して大人になっていくのだと思うのですが




この先対面していくものが

自然であっても、または人工的なものであっても

ものではない“誰か”であったとしても





その
いろんなものを見る目を、
見ようとする心を、

大切にしていきたいものですね。




そして、


たまにはそんな細かいことは考えず、

思考を意図的に停止するくらいの気持ちの余裕も持ち合わせていたいものです。




総括すると、やっぱり食べているときが一番幸せですかね~。笑。




まったく総括にはなっておりません(&唐突です)が、
今日はこの辺で失礼させて頂きたいと思いますm(__)m



それではまた・・・



いつもご協力感謝致します。どうぞよろしくお願い致します。

→→→



↓↓アクセサリーはこちらで販売中です*

aoka

iichi







スポンサーサイト
22:33 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 大晦日 | HOME | 年の瀬 »