07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

清掃ブーム

2017/03/17



こんばんは



チャンコです。





+++++++






ここ ほんの数日なんだけど

結構まめに自宅の拭き清掃を行っていて。





うちのマンション(メゾネット)の造りは結構複雑なので細かい説明は割愛ですが、まあとにかくちょっと変わってるんです。そんな自宅をわたしなりにがんばって綺麗に維持しようとしてて(⇐⇐⇐ 非常に稀!)




きっかけは久々の来客を前にあわてて掃除をした際。


毎日ちょっとずつ掃除すれば
こんな汚れにも心煩わされたりることはないんだろうな~っていう安易な気持ちから、、、



特に一番嫌なのが抜け毛でね、それは「いつこんなに抜けた?!」というほど非常に鬱陶しいわけですよ。もう本当にそれが嫌で。



でも掃除というものは不思議なもので、ひとつの汚れに気が付くと
またひとつ、もうひとつ と派生していくでしょう?



だから結局『 美の凄味 』というのは

その場限りの目に見える輝きではなく
それを(絶え間なく)維持しようとする見えない姿勢にこそあるのだと気付いたりするわけです。




…とまあそんなわけで
最近は拭き掃除に徹する日々になりつつあり。(あくまで今のところですが)






でもこれはわたしの完全なる気まぐれで、時間とかも気にせず始めたりして・・・
衝動的を絵に描いたようなかんじですよ。




今日(正確には昨日)なんて気が付けばスタートが夕方だったものだから、ふと物音に気が付いて玄関を見たら旦那T氏が仕事から帰宅してしまったところでした。

もちろん夕飯の支度なんてせずに掃除してたYO!(我ながら極端&要領悪すぎ!)






・・・・そして、わたしのそんな状況を見た旦那T氏の反応ですが・・・






ムスッとするどころか

「すごい!!」


と喜んでくれて、笑。









・・・でもこれってすごいなって思うの。



だって、一日の仕事が終わり 疲れて帰宅してやっと一息つけると思ったら
終日家に居たはずの妻が夕飯の支度もせずに気が狂ったように床を拭いてるわけですよ。



冷静に考えてもワシだったら引くし、笑。


部屋が美しいのはそれは素晴らしいけれど、やっぱり掃除するタイミングってあるじゃないですか。



しかも、掃除してくれてる!!!なんて喜ぶほど汚部屋でもないわけですよ我が家は一応。(おそらく人並のはず)・・・



それなのにめっちゃ褒めてくれるとか





―――――――もう、うちの主人はなんてやさしいのでしょうか。――――――――





しかも、その後夕飯(炊き込みご飯)が出来上がるまでの約1時間のあいだ
わたしの清掃熱に便乗して「自分も頑張る!」と寝室の掃除をはじめるというすごさ・・・!






・・・本当に彼ってスペシャルだと思いませんか?













・・でもね。








ああ~
なんでわたしはあのとき



『仕事で疲れているんだからゆっくりしてていいよ!』


と声を掛けてあげなかったんだろう。



どうしてあんなにあっさりと彼の厚意に甘えてしまったんだろう。





なんて、
あれから半日近く経った今にしてちょっとした後悔が胸を打つわけです。








けれど

思い返せば、彼のそういうやさしさやまっすぐさに今までだって何度も救われてきたんだよなぁ~~~ということにハッとさせられ。。。


だからあんなに当たり前のように
彼のやさしさをあっさり受け入れてしまうんだなぁ。


いつのまにか、そうなっていったんだなぁ。








・・・



いやあ

もう飲んじゃうよそりゃ。





うちの主人は本当にまったく、、、


というか
わたしは
本当に
まったく
真夜中に何をやっているんだか(´―`)









もう語るのに疲れた(酔っぱらった)ので寝るよー。寝よ寝よ。




「琥珀の雪」を聴きながら寝る!

誠実さに泣きながら寝るzzzz





チャオ!


ではよい1日ヲ!






+++++++++++++++++++


↓↓ アクセサリーはこちらで販売中です*


aoka

iichi
スポンサーサイト
03:51 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示