07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

我が家のお雑煮

2015/01/03







こんにちは


先程の記事でも申し上げましたが、お雑煮を作りました。



正月太りの記録を更新しつつあるaokaスタッフ、チャンコです。


みなさま如何お過ごしでしょうか?






静岡の実家でもお雑煮は食べたのですが、旦那T君のリクエストで、
神奈川の我が家へ帰ってきてからわたしも作ってみました。



そして、
お雑煮の主役であるお餅づくりに大活躍してくれたのはこの子です。






手順としては

① もち米を水で洗い、
② ざるに入れ30分置き水気を取ってから
③ HBにセットしてスタートで

出来上がりまでは1時間15分でした!
(②の水切り時間は除く)


簡単です。





小窓からのぞいた様子ですと、炊きながら混ぜ・捏ねているといったかんじでしょうか。




↓こちらは終盤の捏ね捏ね中の様子です。


_MG_3982.jpg


ウィンウィンいいながら頑張ってくれています。









そして出来上がり。

_MG_3984.jpg



(レシピの分量よりも少しだけ水を多く入れてあります。)


※本当はお砂糖を入れると時間が経っても柔らかいお餅が出来るのですが、今回は純粋にお餅の味を楽しみたかったので入れませんでした。





お餅が出来上がったら本体からパンケースを取り出し、5分ほど放置して少し冷まします。


なんとか触れられるようになったら中のお餅を(水をつけた手で)頑張って取り出し、少量ちぎって丸め、お椀へ投入。

予め煮込んであった具材やお汁を入れ、薬味(三つ葉・柚子)を散らしたら完成です!



ついに出来ました!お雑煮



_MG_3988.jpg



肝心なお餅が見えない&七味をいれるのを忘れましたが、



出来立てのお餅は嘘みたいに柔らかく、とっても美味しかったです!!


感動しました!


(※つきたてのお餅は本当に柔らかく、よく伸びるので
喉に詰まらせぬよう、特に注意が必要です!)





そして残りは丸めて冷凍庫へ。


_MG_3985.jpg


_MG_3987.jpg


多少いびつですがこれもご愛嬌ということで。







ちなみに今回は3合のもち米を使用しました。


お雑煮の具は、

ごぼう
大根
人参
鶏肉
長ネギ
里芋
油揚げ

です。


うちのお雑煮は具だくさんで、内容にこれといった決まりはないのですが

強いて言うなら根菜メイン、醤油(めんつゆ)ベースといったところでしょうか。




けれど、実家では

お雑煮を作るにあたって1つだけ重要な決まり事がございます。




それは、


そのお雑煮を作るのが一家の主でなくてはならないということです。



何代前から始まったのかは不明ですが、


我が家ではお正月は普段家事で忙しい母(妻)に楽をさせるという意味で、


新年を迎えたら、
一家の主である父が早起きをしてお雑煮を作るということになっているそうです。









そんな父のお雑煮がわたしは大好きだったので、


小さな頃から

お正月=父のお雑煮を食べる

という認識で生きてきました。





ですが
昨年からは父が還暦を迎えたということもあり、それが長男の兄の仕事となりました。




当時、
お雑煮作りの世代交代については露ほども考えていなかったわたしにとって

それはまさに青天の霹靂でした。



正直、悲しかったですね。チャンコ的には。




もう父の作ったお雑煮を食べることも無いんだなと思うと寂しいですが


時の流れには逆らうことは出来ませんので


今までの父の頑張りに感謝しつつ、


これからは兄の作るお雑煮を食べて生きていこうと思います(笑。





終われば始まる、人生のこのシンプルなサイクルには
これまで幾度も救われてきました(´_ゝ`)v





でも、そう考えると

うちでもわたしがお雑煮を作るのではなく、
旦那Tに作らせるべきだったかなと一抹の後悔が頭をよぎりましたが


そんなこと言っても

わたしは専業主婦同然で子供もおりませんし、

普段から楽をさせてもらっているので
やっぱりわたしが作ったほうがが丸く収まるのかなと思い直しました(*_*)笑。



兎にも角にも、無事美味しいお雑煮を作る(食べる)ことが出来てよかったです。
わたしは幸せ者でやんす。






そして

今年もいろんな美味しいものに巡り合っていきたいなとあらためて思いました。


(それ以上にダイエットもしていかなくてはなりませんが。。。)





みなさまにとっても実りある、素晴らしい出会いの多い年となります様に。





それでは今回はこの辺で・・・





心の励みになります。いつもご協力感謝致しますm(_ _)m*

⇒⇒⇒







↓↓ アクセサリーはこちらで販売中です*


aoka

iichi








スポンサーサイト
14:52 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示