09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

晩酌

2015/01/19








おはようございます。



今日もいいお天気です、みなさま如何お過ごしでしょうか?


どうもaokaスタッフ、チャンコです。





昨日はブログ更新中に(大相撲の)遠藤関に勢関が勝利し、大感激致しましたが


大関の豪栄道関は稀勢の里関に敗れ、4勝4敗。


非常にまずい事態となっております


今後の行方が気になるところですが、残り7日間も応援していきたいと思います。








さて
今日はいつもより少し早めの更新ですが。








午前中にもかかわらず

今日は、以前兄から結婚祝いで頂いた「かんすけ」についての追記を書こうと思います。
※前回のかんすけに関する記事はこちら




さて、そんなわけで


熱燗器、かんすけです。




ついに使う日が来ました。






ちなみにこの日の


・お義母さんから頂いた豪華毛ガニ
・スーパーのまぐろ刺し
・厚揚げ焼き
・塩辛

以上4点。まさに日本酒に合う肴です。

_MG_4058.jpg

_MG_4057.jpg



そして、お酒はベタですが八海山です。旦那T君が仕事後にいそいそと買ってきてくれました。(ありがとう!)

_MG_4047.jpg








そして今回暗躍してくれたパートナーがこちら。

_MG_4046.jpg


保温ポットです。

これがあると本当に地味に便利です。

(こちらのポットに熱湯を入れておけば、毎回お湯を沸かし直さずに済みますので)





さて

それではこれからかんすけの使い方についてご説明していきたいと思います。












_MG_4049.jpg
_MG_4051.jpg


まず、錫ちろりの中に日本酒を注ぎます。(見えにくいですが線までで1合









_MG_4053.jpg


そして陶器に保温ポット内のお湯を注ぎます。

_MG_4054.jpg


画像では暗くてわかりにくいですが、ちろり同様 陶器の内側にもちゃんと線が引いてありますので安心です。










_MG_4055.jpg


そしてセット。





あとは1~2分待つだけ。(わたしは2分待ちました)


*本当にあっという間ですので、すべての準備が整ってからのほうがいいかと思います。





2分経ちましたので陶器からちろりを出し、お猪口に注ぎます。


ちなみに、このときにちろりについたお湯が垂れるかなと思いましたがなぜかほとんど垂れませんでした、すごい。








_MG_4059.jpg


実際にはほんのりと湯気が。




持ってみるとじんわりあたたかく

日本酒のいい香りが。







それでは一口。いただきます。





あーーー、これはいい感じの燗具合です。




ぬる燗よりはもうすこし温かめの、ちょうどいい加減です。



味もまろやかで、美味しい!



そして
毛ガニを一口。





う~ん

美味しい!!




・・・これは贅沢感極まりないです。




日本酒最高!!

毛ガニ最高!!





毛ガニだけではなく、もちろん他の肴も美味しいです。



いや~、この日は一度飲みだし(食べだし)たら止まらないのが晩酌の持つ魔力だった、ということを再確認させられた日でしたね。



そして、今後の伸びしろを感じるかんすけ初夜、大いなる晩酌となりました。






ちなみにこのかんすけ、ワインや焼酎にも使えるそうなので日本酒に飽きたら試してみたいと思います。






とはいえ日本酒ブームはまだ当分続きそうですし、



その前にわたしは一応ダイエット中ですので




配分を考えていかなくてはなりません。




タイミングを選んで、

要所要所で上手にお酒を愉しんでいけたらいいなと思います。








さて

今日はかんすけ実用編をご紹介させていただきましたが如何でしたでしょうか?



今年もいろんなお酒・肴をたのしめる年になるといいですね。




そのためにはまず健康第一が大前提ですけれども、


健康管理も1日1日積み重ねていかねばなりませんね・・


ちなみにスクワットはまだ続いていますよ(まだ4日目ですしね)








そんなわけで

今日も健康第一でよい1日をお過ごしくださいませ*






ちなみに今回の八海山ですが、そのまま(常温)でもまた違った美味しさ&飲みやすさなので、飲みすぎには注意です(´_ゝ`)



心の励みになります。いつもご協力感謝致しますm(_ _)m*

⇒⇒⇒





↓↓ アクセサリーはこちらで販売中です*


aoka

iichi








スポンサーサイト
10:35 料理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示